本文へ移動

自動化のこんな事例

作業者用の工程は自動化するにも色々あります

ある部品製造会社が、今年自動化を進める、と社内決定。
その中で先ず検査工程の自動化を決定。

    

その工程の自動化は可能なのか、取引商社・取引装置メーカーなどに相談。

    

検査工程は複数あり、工程間はロボット導入の提案が大半。
実際はロボット導入による生産性(タクト)が目標に届かず、また工程自体が特殊なため工程の見直しが不可欠なことが判明。
だが、従来の方法で長年やっているので、違う方法でやるにも方法が分からない。
進捗が遅れ始め、困った

    

   当社に相談

    

 先ずは状況・課題のヒアリング

    

課題が検査自体にあり、違う検査方法を提案。
(品質・製造担当の方とも意見交換します)

    

不安要素として従来からの方法の変更
→治具製作し、検査機器メーカーの協力のもと
 トライ実施。
   目で見ることにより解決・不安解消へ。
(自動化に対する信頼関係構築を心がけます)

    

検査方法の変更による品質安定も見え、自動化の方向性も明確化・前進に。

    

ここで自動化に対する
ロボットによる課題(タクト)や
レイアウトの再検討
予算に対する仕様再検討

    

  最終仕様作成・決定

    

それでも予算に入らない場合は多々あります。
「自動化は無理だよ」ではなく、
ここから妥協するものを洗い出し
仕様再検討します。

    



   正式契約へ  


このように作業者用のラインの自動化の場合、
ある程度自動機械がそろっている場合のロボット導入で済むケースと違い、
自動化前に解決するテーマ・改善が必要な場合があります。


株式会社 ティーエイチエー
〒444-0843
愛知県岡崎市江口二丁目5番地4
TEL.0564-53-4052
FAX.0564-53-8024
自動組立機及び組立機設計製作
製品性能テスター設計製作
各種性能試験機設計製作
産業用ロボット プログラム・ティーチング
搬送装置設計製作
電気制御装置設計製作
油気圧装置設計製作
TOPへ戻る